Skip to content

在日アメリカ軍基地に対する抗議

November 23, 2012

People hold placards in protest against the alleged rape of a local Japanese woman by two US servicemen in Japan’s Okinawa, October 17, 2012.

沖縄のアメリカ軍基地の存在、そして彼らの駐留による住民の問題は、依然として、衆議院総選挙を控えた日本の政界が抱える最大の問題となっています。なぜなら、12月の総選挙を前に、各政党は、国民の最大の要求に対する自らの立場を明らかにする必要があるからです。NHKは、23日金曜、嘉手納基地周辺の住民140名余りが、騒音で健康被害を受けているとして、集団訴訟を起こしたと伝えました。この訴えはアメリカ政府に対するもので、夜間と早朝の飛行禁止と2億1600万円の損害賠償を求めています。
沖縄の住民は、しばらく前から、在日アメリカ空軍基地の活動継続に抗議し、たびたびデモを行ってきました。2000年にも、同様の訴訟が起こされましたが、その訴えは退けられました。なぜなら、日本の司法機関には、日本での外国政府の活動に対して見解を述べることが許されていなかったからです。こうした中、2010年の日本の司法制度が変更され、日本で罪を犯したアメリカ兵に対して日本の裁判権が及ぶことになり、提訴に対する希望が人々の中に生まれました。これ以前にも、沖縄の住民数千人が、オスプレイの普天間基地配備に抗議しましたが、この要請は政府に受け入れられませんでした。抗議の理由は、オスプレイの安全性です。しかし、彼らの反対は、アメリカと日本の政府の圧力によって実を結ばず、最終的に日本政府は、オスプレイ12機の普天間基地配備に同意しました。日本の人々は、何年も前からアメリカ軍基地を受け入れ、数々の犯罪や事件に直面してきました。国民の政府に対する最大の要求は、アメリカ軍の沖縄駐留の終結です。実際、この要求の重要性により、2009年、普天間基地の閉鎖とアメリカ軍の駐留削減を訴えた民主党が、自民党から政権を奪うことになったのです。こうした中、民主党は、この国民の要求を叶えられなかったばかりか、アメリカの圧力により、オスプレイの配備を受け入れることで、この地域の住民から平穏を奪い、今回の集団訴訟を招きました。総選挙を前に、沖縄の人々は、今回の訴訟によって、再度、日本の各政党を試そうとしているようです。沖縄の人々は、与党民主党が、普天間基地閉鎖の公約を守れなかったことに強く抗議しています。それゆえ、次期選挙で、自民党と民主党が思うような結果を収める可能性は低いとされています。日本の人々は、自民党が、アメリカの政策、特にアフガニスタンやイラクでの好戦的な政策に従ったことに不満を抱いていましたが、民主党に頼ることもできなかったのです。これまでの日本の歴代政権は、アメリカから独立した外交政策を取ることも、国民の要求どおりに行動することもできていないのです。

Related Posts:

Japanese police arrest 2 more US servicemen

The Japanese government has condemned a US marine’s trespassing on a private home making it the third unlawful incident in a month.

日本政府が住居侵入容疑のアメリカ軍中尉を非難

US Marine arrested on Okinawa.

Advertisements

From → Japan, United State

Comments are closed.